バジリスク絆 弾正屋敷スタートや頻繁・高確率・長い台はどうなのかを解析!

スロットの設定狙いで、狙い台の筆頭と言えば誰もが「バジ絆だろ。」というくらい設定狙いの定番となったバジリスク絆。

撤去の噂も出るなか、現在も数多くのホールで設定が使われ、ユーザーも設定を掴もうと日々闘っている事と思います。

解析も出揃っているバジリスク絆ですが、改めて設定差や狙い目の根拠となる高確率状態について解説をしていきたいと思います。

 

PR

オンラインカジノをリアルに実践するYouTuberが登場!

オンラインカジノで入金なしで、約3000円(30ドル)を無料で貰う方法を動画で実践公開。

プレイ実践も毎日更新中。見るだけでも楽しいぞ!

YouTube動画に飛ぶ場合は以下の「アイコンをタップ」
↓↓↓↓↓




バジリスク絆 高確率とは?

2018-02-06_22h33_04

バジリスク絆における高確率とは、主にバジリスクチャンス(BC)に高確率で当選する可能性がある状態を指します。

また、高確率状態は様々な側面からバジリスクタイム(BT)の当選にも絡むので大切な要素となります。バジリスク絆の状態には以下のものがあります。

 

・通常→基本の状態

 

・高確率→BC/BTの当選期待度UP

 

・超高確率→BC当選の大チャンス、BT当選期待度UP

 

簡単に説明するとこんな感じです。

 

高確率状態でのBC当選率

2018-01-20_11h29_30

高確率状態は主にBCの当選に大きく関与します。状態別のBC当選率は以下の通りです。

 

・通常時

-押し順ベル・通常リプレイ(設定差あり)→0.006%~0.037%

-共通ベル(設定差あり)→0.2%~0.4%

-弱チェリー(設定差あり)→0.1%~0.2%

-強チェリー(全設定共通)→12.5%

巻物(全設定共通)→25.0%

 

・高確時

-押し順ベル・通常リプレイ(設定差あり)→0.02%~0.07%

-共通ベル(設定差あり)→0.8%~1.6%

-弱チェリー(設定差あり)→0.4%~0.8%

-強チェリー(全設定共通)→12.5%

巻物(設定差あり)→40.0%~47.6%

 

・超高確時(全設定共通)

-押し順ベル・通常リプレイ→0.8%

-共通ベル→6.3%

-弱チェリー→3.1%

-強チェリー→66.7%

チャンスリプレイ→76.9%

 

このように高確率、超高確率ではBCの当選期待度が跳ね上がるので滞在時はチャンスです。

通常から高確に上げる事が初当たりを取るために非常に重要になります。

 

高確率状態のゲーム数は?

2018-02-07_23h34_19

高確率状態には既定のゲーム数が数種類設けられています。

詳細は以下の通りです。

 

・高確率15ゲーム

・高確率25ゲーム

・高確率35ゲーム

・高確率45ゲーム

・高確率55ゲーム

・高確率無限

・超高確率5ゲーム

・超高確率15ゲーム

・超高確率25ゲーム

・超高確率35ゲーム

・超高確率45ゲーム

・超高確率無限

 

このように高確率状態のゲーム数はいくつかありますが。

しかし、現実的に選択されやすいのは、高確率・超高確率ともに15ゲームです。

この間に強レア役を引ければBC当選の大チャンスですので、高確移行時は気合を入れてレバーを叩きましょう。

 

高確率移行抽選

2018-02-06_22h55_14

バジリスク絆の高確率移行はモードや設定により多少の差はありますが、主に弱チェリーや強チェリーで抽選を行います。各モード、設定での高確移行抽選は以下の通りとなっています。

 

・全設定共通

全設定共通 モードA モードB モードC モードD モードE
リプ・ハズレ・巻物  0.1%  0.6%  2.1% 4.2%   4.2%
チャンス目 0.1%  0.6%  2.1%  25.0%   50.0%

 

・弱チェリーでの状態移行率

弱チェリー モードA モードB モードC モードD モードE
設定1・2・3  16.7%  20.0%  25.0% 25.0%   25.0%
設定4・5 18.2%  22.2%  28.6%  28.6%   28.6%
設定6 20.0% 25.0% 33.3% 33.3% 33.3%

 

・共通ベルでの状態移行率

共通ベル モードA モードB モードC モードD モードE
設定1・2・3  10.0%  12.5%  16.7% 16.7%   16.7%
設定4・5 10.5%  14.3%  18.2%  18.2%   18.2%
設定6 11.1% 16.7% 20.0% 20.0% 20.0%

 

・AT・BC終了後の状態移行率

AT・BC終了後 モードA モードB モードC モードD モードE
全設定  27.50%  32.30%  35.84% 38.67%   38.67%

 

・強チェリーでの状態移行率

100%高確以上へ移行

 

このように、モードや設定により移行率に差が見られるため、設定狙いをする際には高確移行に注目する必要があります。

また、チャンス目後に高確に行った事が確認できれば、高いモードである可能性が高まります。

このように滞在モードの判別にも高確率移行は活かせるので、期待値を底上げする上でも非常に重要な要素となります。

 

高確率状態の示唆・確定演出

2018-02-07_23h46_51

バジリスク絆では、高確率以上の状態を示唆、または確定となる演出が用意されています。

詳細は以下の通りです。

 

高確以上示唆演出(フェイク高確・前兆中でも出現)

-土岐峠ステージ移行で高確以上の期待大(約70%)

-第1停止・ミニ弦之介笛中パターン+リプレイ

-第1停止・ミニ朧中パターン+リプレイ

-ミニキャラ系リール演出STEP2(小四郎リール風、丈助リール振動など)

-液晶リール枠エフェクトで第3停止・白エフェクト大

-占い演出 第3停止で文字出現せず+ハズレ

-かご演出で第3停止で女性が白着物+リプレイorハズレ

-かんざし演出で第3停止青+リプレイ

-蛍火ルーレット+ハズレ

-タカ演出+ハズレ

-墨演出ハズレ時に出現率UP

-木彫り演出出現率UP

 

高確以上確定演出(フェイク高確・前兆中でも出現する)

-リール枠エフェクト+リプレイ

-蛍火ルーレット+リプレイ

-弦之介笛で音なし+リプレイ

-弦之介笛中パターン+ハズレ

-かんざし演出で白+ハズレ

-セリフ演出弾正orお幻

-タカ演出+リプレイ

-人別帖演出で「好機」+リプレイ

-かご演出で青着物+リプレイ

 

(超)高確確定演出(フェイク高確・前兆中では出現しない)重要!

□成立役がハズレ時に・・・

-かんざし演出で白蒔絵かんざし

-木彫り演出でフクロウ

 

□成立役が通常リプレイ時に・・・

-同色リプレイ(甲甲甲・伊伊伊)
-レバーオン時にリール枠白エフェクト小
-お胡夷カゴ演出でカゴ内にクナイ
-蛍火ルーレットでクナイが停止
-セリフ演出
-駕籠(かご)演出で男(青)
-木彫り演出でカエル

 

□成立役がハズレor通常リプレイ時に・・・

-ミニキャラ弦之介笛を吹く(オーラ大)
-偵察演出から立札「好機」

 

・超高確確定演出

-弾正屋敷ステージに移行

 

このように高確率状態示唆・確定演出は様々あります。

気を付けていただきたいのが、高確率にはフェイクも存在します。

この間も高確率状態示唆演出が出てしまうので、確定系の演出をしっかり把握しておくと良いと思います。

細かいとこまでは気にしたくない!という方もいらっしゃると思います。

その場合は土岐峠→高確以上(約70%の期待度)、弾正屋敷→超高確とイメージしてください。

弾正屋敷に移行したらBC、BTへの期待度が大きく上がります。是が非でも強レア役を引きたいところです。

 

 弾正屋敷スタートが多い台はどうか?

2018-02-08_00h52_15

ここまで高確率状態の詳細について説明してきました。

ここからは、それらを踏まえた上での立ち回りの考え方を紹介していきます。

先述した通り、超高確状態はBC当選のカギを握る激熱な状態です。

BCやBT終了時に、弾正屋敷(超高確状態)からスタートする事がまれにあります。

これを確認したらどのように考えるかが立ち回りの中で重要なポイントの1つになります。

 

弾正屋敷スタート→超高確確定+モードB以上確定

 

BC、BT終了時に弾正屋敷に移行すると、上記の状態が確定します。

注目すべきポイントはモードB以上が確定することです。

 

設定狙いの側面で考えれば、弾正屋敷スタートが複数回確認される→高テーブルをしっかり取れている可能性があるといった推測ができます。

ハイエナ等で、やめ時を探っていた場合はモード示唆を見つつ押し引きの材料にする事ができます。

即BCのチャンスであるため、どちらにせよ弾正屋敷スタートは嬉しい要素ですね。

 

弾正屋敷に頻繁に移行する台はどうか?

2018-02-09_01h01_23

BC間で、頻繁に弾正屋敷(超高確)に移行する台も皆さん経験があるのではないでしょうか?

この場合に考える必要があるのは、高設定・高モードに滞在していることです。

 

高設定・高モードに滞在している程、高確移行率が優遇されている

 

設定狙い、ハイエナどちらの場合でも十分に狙う価値はあるかと思います。

設定狙いの場合は、複数回確認できればいい要素になるのではないでしょうか。

ハイエナの場合は、BC当選時に朧BCでしっかりモード判別をするようにし、期待値を底上げしましょう。

 

弾正屋敷が長い台はどうか?

2018-02-09_01h18_09

超高確率の滞在ゲーム数は前述した通り、基本は15ゲームが選択されます。

しかし、35ゲームや無限といった状態もあります。これらは滞在モードにより選択率が異なります。

高モードほど、長いゲーム数が選ばれやすくさらにレア役での抽選も受けやすくなっています。

 

弾正屋敷が長い状態を確認できたら高モードの可能性が高まります。

 

また、超高確のゲーム数が5ゲームが選択された場合は、モードC以上滞在が濃厚になるとの事です。

短い超高確が確認出来ても熱いですね。このように高確の滞在ゲーム数も意識するとライバルに差をつけられるかもしれません。

 

まとめ

2018-01-22_20h20_10

いかがでしたでしょうか?

高確率についてと、弾正屋敷の滞在状態から見た立ち回りの考察についてお話しました。

設定狙いにおいても、ハイエナにおいても意識すべきポイントとなりますので、ぜひ皆様意識してみてください。

撤去まで残り少ない期間ですが、期待値をあげる立ち回りでバジリスク絆稼働を楽しみましょう。

PR

オンラインカジノをリアルに実践するYouTuberが登場!

オンラインカジノで入金なしで、約3000円(30ドル)を無料で貰う方法を動画で実践公開。

プレイ実践も毎日更新中。見るだけでも楽しいぞ!

YouTube動画に飛ぶ場合は以下の「アイコンをタップ」
↓↓↓↓↓